雑記

【体験談】初めての妊娠で稽留流産したときの話

初めての妊娠で稽留流産したときの話
こはたに
Q
<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品PRが含まれている場合があります。

このサイトのページには「アフィリエイト広告」を掲載している場合があります。事実や体験ベースを元にし、「誇大広告や表現」とならないよう配慮しコンテンツ制作をしております。

こはたに
こはたに

こんにちは、未就学3兄弟を育てています、こはたにです。
私や子ども達のプロフィールについては、こちら

今では3兄弟を授かりママになれた私ですが、初めて妊娠するまでに1年以上かかりました。
「不妊治療も視野に入れないとな・・・」と思い、夫婦で産婦人科で検査を済ませた直後の妊娠でした。

ですが、喜びもつかの間。
心拍が確認できる前、6~7週頃で流産してしまいました。

今回は、当時のことを思い出しながら、妊娠する前後の状況など、書いていこうと思います。

妊娠検査薬の陽性画像なども掲載しているため、苦手な方は閲覧をお控えいただければと思います。

  • 本投稿は私の体験談のため、医学的根拠などに基づいているわけではありません。現在ご不安を抱えていらっしゃる方は、かかりつけの医師にご相談いただき、適切な指示を仰いでください
  • 本記事の内容は、あくまで参考程度にお読みいただければと思います
こはたに
こはたに
3兄弟ママ /副業イラストレーター
Profile
4歳、3歳、0歳の3兄弟を育てています。

妊娠から出産までで経験した体験談や、子供たちの成長、発達グレーの長男(自閉傾向ありで、現在療育に通所中)の経過などを、備忘録的に配信しています。

子ども達の大好きな絵本の紹介なども紹介しています。よろしくお願いします!
プロフィールを読む

妊娠が分かった時の状況

初めて妊娠検査薬が陽性になったのは、2018年の4月頃でした。

定期健診で婦人病の所見があると指摘され、血液検査や卵管造影検査など検査をした直後でした。

子宮卵管造影検査は、造影剤を卵管に流し込み卵管の癒着や狭窄の有無・子宮の大きさ・形・ポリープの有無など調べる検査ですが、検査後半年間は妊娠しやすくなるため「ゴールデン期間」とよばれています。

正式な医学用語ではないようですが、卵管のつまりが解消されたり、細くなった部分が押し広げられたり、軽い癒着であれば造影剤が押し剝がしてくれることもあったりと、卵管の通りが良くなるためだそうです。

なので、私も「もしかしたら妊娠できるかもしれない…」と淡い期待を抱きながら検査を受けました。

そして、検査の翌月に妊娠が発覚したのです。

妊娠がわかるまでの時系列

妊娠がわかるまでの時系列をまとめると、こんな感じだったかと思います。

Menstrual Period
生理(2018年3月15日ごろから約5日間)

※生理周期:28~30日                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

Tubal Angiography
卵管造影検査+夫婦生活(2018年3月下旬頃)

血液検査、卵管造影検査

Pregnancy Test shows positive
妊娠検査薬陽性(2018年4月下旬)

妊娠週数:4~5週頃
妊娠検査薬:陽性、確認線と判定線がほぼ同じくらいの濃さ
産婦人科受診、胎嚢確認(週数より少し小さめ)

Pregnancy Test shows positive
妊娠検査薬陽性(2018年5月1日~7日頃)

妊娠週数:6~7週頃
妊娠検査薬:わずかに、確認線より判定線の方が濃くなる

妊娠検査薬陽性~流産するまで

妊娠検査薬が陽性になった4月下旬頃、卵管造影検査などを受けた産婦人科を受診しました。

胎嚢は確認できましたが、胎芽などは確認できなかったため、数週間後にもう一度受診してくださいと言われました。

胎嚢のサイズも、前回の生理日から数えた週数的には小さめでした。

仕事の都合で予定していた検査日に受診できず、予約の取り直しをしたところ、半月以上先になってしまったため、ほぼ毎日妊娠検査薬を使用し、「陽性であること」を確認していました。

この頃、私の使用していた妊娠検査薬(ドゥーテスト)だと確認線より判定線が濃くなる「逆転現象」が見られるようになることを知りました。

逆転現象とは、判定線が確認線より濃い状態になることです。

尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンの値が1,000mlU/mlを超えると、確認線(右)より判定線(左)が濃くなる、「逆転現象」が起こります(調べた限りだとドゥーテストのみで起こるようです)。

ジェットドラッグ 楽天市場店
¥1,585 (2024/05/24 20:52時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ちなみに、妊娠週数別の尿中のhCG分泌量は下記の様な形で増えていきます。

尿中のhCG分泌量
妊娠3週20~50mlU/ml
妊娠4週50~200mlU/ml
妊娠5週200~1,000mlU/ml
妊娠6週1,000~6,400mlU/ml
妊娠8週4,000~256,000mlU/ml
妊娠週数による尿中のhCG分泌量

そして、一旦逆転し、判定線が一定以上の濃さになると、今度は確認線がどんどん薄くなっていくことが多いです。

  • 「逆転現象」は、医学的な用語や、妊娠検査薬のメーカーが正式に公表ものではありません。ネット上で呼ばれている俗称の様なものです。尿の濃さやその他の要因で逆転することもあれば、しないこともあるため、あくまでも目安として参考にされてください。
こはたに
こはたに

妊娠6~7週目頃に撮った妊娠検査薬です。
上が朝、下が夜に撮影したものです。

妊娠6~7週頃にもなれば、1,000mU/mlは間違いなく超えているはずでした。

ネットで同じ週数の検査薬画像を調べて見たところ、判定線はもっと濃く、確認線はもっと薄い写真がほとんどでした。

7週に近くなっても、上の写真以上に判定線が濃くなったり、確認線が薄くなったりすることはありませんでした。

病院の検診まであと1週間強、週数で言うと7週頃に、おりものに少量の血が混じるようになりました。

量的に言うと、下着にほんの少し鮮血が付く程度です。

妊娠初期に少量出血することはよくあることのようですが、「このまま流産してしまうのでは・・・」と不安は募る一方だったので、予定を前倒しして検査を受けに行きました。

結果、胎嚢は見えるけど、赤ちゃんは確認できず、でした。
胎嚢の大きさも週数のわりに小さく「育っていないのかもしれないね」と言われました。

1週間後に再検査となったものの、出血の量も日に日に増えていき、出血が始まってから約5日後には、生理日2日目程度の鮮血が出るようになっていました。

多少の下腹部痛はあったものの、激痛と言うほどではなく、普通の生理のような感じでした。

わずかな望みにかけて次の検診受けましたが、胎嚢すら確認できず、すべて体外に出てきてしまった後でした。

胎嚢自体が小さかったため、経血と一緒出てきてしまったことに気が付けなかったようです。

先生からは、「次の生理が来たら、また赤ちゃんを望めるからね」と言われましたが、「本当に次があるのか・・・」と、絶望的な気持ちになったことを強く覚えています。

まとめ:初めての妊娠で稽留流産したときの話

化学流産に近いですが、一旦胎嚢が確認されてからの流産になるため、一応「稽留流産」になりました。

体内に残留物もなかったため、掻爬手術などの処置も行いませんでした。

初期の流産は割合にして全体の約8~15%前後で起こると言われており、約6~7人に1人が経験する可能性があると言います。

確率的に見ても、そんなに稀なことではありません。

そして、初期流産のほとんどは染色体異常によって起こるため、母体のせいではないとも言われています。

ですが、当時は「自分のせいじゃない」と考えられず、「あれがいけなかったのかもしれない」「これがいけなかったのかもしれない」と、罪悪感を感じたり、自分を責めてばかりいました。

第一子である長男を授かれたのは、流産のショックから立ち直り、気持ちが上を向き始め「やっぱり自分の赤ちゃんをこの手で抱きたい」と思えるようになった、約半年後でした。

皆さんが、可愛い赤ちゃんに一日も早く会える日を祈って。

ABOUT ME
こはたに
こはたに
3兄弟ママ /副業イラストレーター
4歳、3歳、0歳の3兄弟を育てています。

妊娠から出産までで経験した体験談や、子供たちの成長、発達グレーの長男(自閉傾向ありで、現在療育に通所中)の経過などを、備忘録的に配信しています。

子ども達の大好きな絵本の紹介なども紹介しています。よろしくお願いします!
記事URLをコピーしました